Skip to content

ネズミの駆除は専門家へ任せた方がよい場合もあります

ネズミの出入り口となる場所は数多くあります。

特に壊れた扉や亀裂のある外壁、エアコンの導入部や排水口は最も侵入し易い場所です。一般的に被害が多いのはドブネズミかクマネズミのどちらかです。

住宅の高層化に伴い、被害を拡大させているのがクマネズミです。15センチ程の大きさで臆病な上に用心深いのが特徴です。

穀物類を好み、電話線や家電の配線等をかじって断線させてしまう事もあります。壁の中や屋根裏で鳴き声や走り回る音が聞こえた場合は早急に対策をする事が必要です。

市販の対策用品は高品質なものが多く、高い効果が期待できる商品も販売されています。しかし設置場所や使用のタイミングが適切でないと本来の効果が発揮できないケースも少なくないです。

殺鼠剤と据え置きタイプの忌避剤の位置や捕獲用の粘着シートの設置場所はラットサインを考慮する必要があります。ネズミが体をこすった跡が多数ある場所等のラットサインは素人が見つけるのは簡単ではないです。

特に築年数の多い古い住宅は他の汚れ等と見分けが付かない事もあります。更に高所にある外壁の破損部位や通気口等は手が届かないので塞ぐ事は困難です。

この様に状況によっては完全な駆除がなかなかできずに、何年も駆除に費用をかけている家庭も多いです。

駆除期間が長くなる様なら専門家である駆除業者に相談してみる事も必要です。業者はネズミ駆除するだけでなく、家の破損部分の修繕や糞尿で汚れた部分をしっかり清掃してくれます。

費用は家の大きさや被害状況により変わってくるので、見積もりをとった上で決める事が必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *