Skip to content

薬剤に頼らずネズミを駆除する方法

ネズミは多くの寄生虫や病原菌を持っており、病気の媒介者として嫌われていますが、家の柱や電線、パソコンのケーブルをかじるなどして経済的な損失ももたらす害獣です。

市販の駆除商品の代表として殺鼠剤が挙げられますが、この殺鼠剤は大変危険なことでも有名で、昔からペットが殺鼠剤を誤飲して死亡したり、小さな子が誤食して中毒症状を起こす事例が多発しています。

家庭に小さなお子さんがいたり、室内でペットを飼っている場合、薬剤使用はあまり向かないと言えます。毒性のないものでネズミを駆除したい場合はミントを利用する方法があります。

ネズミはミントやハッカ成分を嫌う性質があり、ミントのアロマオイルなど、香りが出ているものをネズミがよく出没するエリアに振りかけておくことで忌避剤の代替となります。また、ミントの他に木酢液も忌避剤として有効です。

殺すのではなくあくまでも忌避効果なので定期的に散布しなければならないのがデメリットですが、その分安全性は高く、どこのホームセンターでも売られているので、手軽に入手することができます。

木酢液には様々な種類がありますが、忌避剤として使用するものは粗悪品を使います。入浴用などで販売されているものは、臭いが抑えられているので効果が薄くなります。

臭いが嫌で逃げるということで、ネズミ駆除として使うことが出来るのです。ただし、木酢液は嗅覚の鋭い犬や猫は臭いを嫌がるのでペットとして飼っている場合は使用しない方が無難です。

また、集合住宅で使う場合は、まくことにより近隣住人の迷惑になる可能性もあるので、声掛けをした上で、散布後問題がないか確認することも重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *