Skip to content

ネズミ駆除は定期的に実施を

ネズミはどんな家にでも現れるものではなく、好む家と嫌う家があります。

ネズミは主に壊れている壁や配管を伝って家屋内に侵入し、人目の届かない場所で住処を作ります。

巣材となるのは古新聞やティッシュペーパーで、このようなものが散らかっている家は最高の環境を与えていると言っても過言ではありません。

加えて生ゴミが散らかっていれば餌も不自由することないので、当然として住み着く結果となります。つまり、整理整頓できていない汚い家は住処となりやすく、生ゴミやゴミのない整理整頓がきちんとできている家は住処になりにくいのです。

ネズミはいったん住み着いてしまうとなかなか追い出すのが難しいため、まずはネズミが嫌う環境を作ることが何よりも重要になります。

家を綺麗にしていても、外に物置がある場合はそこが狙われやすくなります。物置は温度、湿度、スペースともにネズミにとって非常に過ごしやすい環境であり、そこを根城として室内に侵入する確率が高くなります。

物置が巣になってしまった場合は、薬剤等による駆除だけでなく、予想される侵入経路を全て遮断することが必要です。

駆除を実施する際は相手から快適さを奪うことが大事で、二度とそのスペースに来られないように対策をするのは非常に効果があります。

完璧な駆除を行ってもまた出没する可能性はゼロではありませんので、一度のネズミ駆除で満足するのではなく、定期的に点検・実施し、継続することが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *